桑の葉

青汁は離乳食に入れてもいい?

野菜の栄養たっぷりの青汁は大人から子供まで幅広く利用されています。
粉末状で消化に良いものだし、栄養も摂れるので離乳食に加えてみたいお母さんもいるのではないでしょうか?
しかし、未発達の乳児に与えることは出来るのでしょうか?

基本的に青汁は自然食品なので乳児に与えることができます。
しかし、大人と同様の量を与えることは禁物です。
なぜなら、乳児の消化器官は大人とは違い未発達なので、食物繊維を多く含んだ食べ物は消化不良を起こしてしまう可能性があります。
離乳食に入れる場合は量を少なくして加えましょう。

また、乳児に与えるものとして一番気にしなくてはならないものは、青汁に含まれる添加物です。
野菜や植物でのみ構成されているものならまだ安心ですが、飲みやすくするためにはちみつや砂糖、人工甘味料が含まれている場合があります。
できるだけ無添加の青汁を選びましょう。
特に乳児が気を付けなくてはならないのがはちみつの存在です。
感染症の危険性があるのではちみつが配合されたものは厳禁です。

また、緑茶や抹茶などカフェンを含むものもありますので、表示をよく見てから与えなくてはなりません。
さらに、他のビタミンやコラーゲンなどの健康成分が配合されている場合があります。
これらは、乳児には必要ないものです。
ましてや添加物は大人でも身体に不要なものです。
添加物がたくさん含まれた青汁を乳児に与えると、内臓に負担がかかるので控えたほうがよいでしょう。

また、無添加でも、配合されている植物によっては乳児には刺激の強いものもありますのでアレルギー反応には注意して与えてください。
与える時は、スープやおかゆに少量加えるところから始めてみてください。
摂っているうちに少しずつ野菜の味に慣れてきて、成長してから野菜を抵抗なく食べれる体質になるでしょう。

乳児の野菜不足を気にするお母さんがいますが、成長するうちに野菜を食べるようになるのであまり小さいうちから心配することはなさそうです。
もちろん、青汁入りの離乳食を与えるとこは野菜を与えることと同じなので栄養補給にはとても良いのです。
離乳食に青汁を入れる場合には、これらの事に注意して与えましょう。